The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
今、みんなでできることを。
2011-03-12 Sat 21:59
被災された方々。そしてその大切な家族であるペットたち。
どれほどの不安の中にあることでしょう。
心より、お見舞い申し上げます。

祈り。
身近な資源の節制。理性的な行動。
献血、募金、必要とされる物資の支援。
ビッグウッドでは、ドッグフードの救援物資準備を進めています。
人間だけではなく、共に暮らすペットたちも被災しているはずなのです。
被災者の皆さん同様、ペットたちにも食糧支援が必要です。
ウエランカラでも、募金箱を設置しました。
頂いた募金は、責任を持って被災地へ送らせていただきます。

今この時、私たちにできることはごく僅かですが。
それぞれの想いを行動に移すことが、きっと大きなひとつのパワーにつながると信じています。

いつ、同じ事態が、私たちの街で起きるかもわかりません。
今、大きなターニングポイントに立たされた私たち日本人。
今こそココロを一つにして被災地の皆さんの復興を応援しましょう。
そして、彼らと共に暮らしてきたはずのペットたちのためにも、できることを探しましょう。

わが身に同じことが起きたとき、どんなココロの準備が必要なのでしょう?
フードなどの物資面だけでなく、ペットたちが万一家族と離れた時のために、
身元を証明してくれる犬鑑札や迷子札などをつけたカラーを常に身に着けさせておくこと。
カラーが取れてしまった時のために、マイクロチップのことも考えてみましょう。
CIMG1343_20110315120646.jpg

犬も猫もクレートトレーニングの重要性を忘れずに。
クレートの中にいることがその犬や猫にとって安心できる状態であれば、
運よく飼主とともに避難できたときのストレス軽減にもつながります。
また、避難所でも受け入れてもらえる可能性が高くなります。
CIMG2557_20110315121619.jpg

万一を考え、できる限りの備えをしておくことを強く心に刻みました。

1日も早い復興へ、祈りを・・・!
ガンバロウ!日本!
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0
<<春はすぐそこ。 | WAN-derful life With Dogs In Itoshima! | 金曜日の過ごしかた。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| WAN-derful life With Dogs In Itoshima! |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。